<< 改造すべき「構造」とは何か(7) | main | 成果主義は企業を破滅させる(2) >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.16 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


成果主義は企業を破滅させる(1)

このブログのテーマ→ 「増税が日本を破壊する」

アメリカの主張をグローバリズムとしてむやみに取り入れた結果の日本経済の没落。
企業も同様にアメリカ型の競争を取り入れたその結果、散々な目にあっています。
この本の著者は、ソニーでCDの共同開発、AIBOの開発責任者をつとめた方です。
「ソニー神話」の頃のソニーはどのような状態だったのか。また、成果主義はなぜダメなのかについての主張を以下ご紹介。
(「日本財政」からは少しはずれますので、興味のない方はスルーしてください)

運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章
天外 伺朗 2004年11月25日発行 より

加速度的に幸運を呼び込む(P.79)

前章で「外発的報酬」(金銭や、地位、名誉などに対する期待や、処罰や不名誉に対する恐れ)中心の経営を「20世紀型」、「内発的報酬」(仕事、遊びにかかわらず内部にこみ上げてくる喜びや楽しさ)を「21世紀型」と呼んだのは、それぞれがほぼ後期自我[注1]、成熟した自我に対応しているからだ。当然後者の方が、より進化した意識レベルに対応している。20世紀型の合理主義経営を推し進めると人々は「フロー」[注2]に入れなくなるだけでなく、成熟した自我の段階まで成長した人を排除してしまうことになる。社内は、殺伐として競争社会になってしまうだろう。

人間は、意識の成長・進化が進むにつれ、戦う人生から次第に幸運にめぐまれた「フロー」中心の人生へ移行するというのが自然な姿であり、競争の中でしゃにむに闘っている間は、まだまだ未熟といえる。

いまの近代文明社会は、社会生活をきちっとこなしていくと、後期自我[注1]まで成長できる仕組みが、社会に内在している。つまり、そこまでは、ひたすら仕事に励むことで到達できるのだ。

しかし、後期自我から成熟した自我に成長するメカニズムはいまの社会の中にはない。そうなるためには、単に仕事をしているだけではだめで、瞑想などの何らかの宗教的修行か、サイコセラピーなどを受ける必要がある。(「深美意識の時代へ」天外伺朗著 講談社2002年)

ところが「深いフロー」というのは、瞑想と同じような至高体験を伴う。ということは、瞑想と同様に、意識の成長・進化を促進する効果があるということだ。(第4章)。

つまり、一度首尾良く「フロー」に入ることができると、意識の成長・進化が促進され、ますます「フロー」に入りやすくなる。加速度的に幸運を呼ぶスムースな人生になっていくのだ。

私自身が何度も経験した「燃える集団」[注3]でも、体験者が一様にひと皮むけ、精神的に成長したことが観察された。第2章で、AIBOの開発チームを「燃える集団」にするため、かつての経験者を呼び戻した、そいう話を書いたが、それは経験者の意識レベルのステージが、他者よりも一段上がっているからに他ならない。


社会レベルの進化とフロー(P.80)

いまの日本の社会で、初期のソニーのように恒常的に「フロー」が体験できるという場は、きわめて少ないだろう。

大多数の職場は低次元の不明瞭な雰囲気の中で、「外発的報酬」をめぐっての欲望が渦巻く「修羅場」と化している。そこでは、人々の意識レベルはなかなか成長しない。

企業や上司にべったり依存する人は、まだまだ多い。そういう人の意識レベルは、ほぼ中期自我だと思ってよいだろう。かつての日本型経営スタイルが、中期自我にとどまったまま一生を過ごす人を大勢育ててしまったのも事実だ。

一方のアメリカは、従業員を簡単にレイオフできる社会だ。アメリカ人は、友人をとても大切にする。それは、レイオフされたときに頼りになるのだ友人関係だからだ。

当然、企業に対する忠誠心は薄い。

つまり、中期自我で会社に依存していたら生きていけない社会なのだ。したがって、小学校の教育から、精神的自立を叩き込まれ、後期自我へ早く到達するように仕込まれる。

したがって、日本とアメリカの社会を比較すると、日本では中期自我の人が多く、アメリカでは後期自我の人が多い。それが冒頭に記したアメリカ人の方が自我(エゴ)が強い、という印象につながっている。

そう書くと、「ああ、やっぱり‥‥」と思う人が多いだろう。

実際、「日本社会がアメリカ社会より遅れているので早く追いつかなければいけない」と考えている人は大勢いる。だから、前章に記したように日本型経営が崩壊し、軒並みアメリカ型の合理主義経営が導入されたのだ。だが、これは、とんでもない間違いだ!

社会の進化の方向性は、はっきりとわかっている。その方向性に沿って、いくつかの指標を抜き出すことができる。

たとえば単位人口あたりの刑務所の収容人員数は、アメリカは日本の15倍以上に達する。

つまり、社会全体としては、中期自我の比率の高い日本社会の方が、後期自我の比率の高いアメリカ社会より進化しているのだ。それはなぜか。

じつは、日本社会は中期自我の比率も高いが、同時に成熟した自我の比率も高いのだ。つまり、アメリカ社会、とくにその富裕層が、後期自我のレベルに集中しているのに対して、日本社会は、中期自我、後期自我、成熟した自我と、広範囲に人口が分散しているのだ。

そのため、前記したように、日本型経営は「21世紀型」と「19世紀型」が併存していたのだ。そして、その「21世紀型」の部分が、「フロー」を通じて人々の意識を成長させ、成熟した自我の人口比率を上げてきたのだ。

もちろんその背景には、東洋の伝統というのが、もともと合理主義に凝り固まった西洋の伝統に比べて、成熟した自我を生みやすい土壌になっていた点は見逃せない。


[注1]人間の自我の確立にいたるプロセス(P75より抜粋)

初期自我→中期自我→後期自我→成熟した自我
順調に発育した場合には、初期に4歳、中期に7歳、後期に12歳ぐらいで到達する。
成熟した自我まで達する人は、今の社会ではきわめてまれである。


[注2]フロー(P.30、P33より抜粋)

1960 年代に当時シカゴ大学の教授だったチクセントミハイが提唱、「フロー」というのは「流れ」を意味する。
フロー状態の特徴
1.行為に集中、没頭している
2.浮き浮きした高揚感
3.雑念がほとんどわかない
4.時間感覚の喪失
5.自分自身の感覚を喪失している
6.その場を支配している感覚。自分が有能である感覚
7.周囲の環境との調和、一体感


[注3]「燃える集団」と名付けた現象(P.19より抜粋)

チームが夢中になって仕事をしていると、突然スイッチが劇的に切り替わることがある。
その状態になると、まさに怖いものなしになる。どんなに困難な局面を迎えようとも、必ず突破口が開かれる。新しいアイデアが湯水のようにわいてくる。必要な人と、まさに絶好のタイミングでめぐり会い、プロジェクトを成功させるのに必要な技術や部品が、まるでタイミングを見計らったかのように出現する。
まさに幸運の波に乗った状態になるのだ。


このブログのテーマ→ 「増税が日本を破壊する」

JUGEMテーマ:経済全般



スポンサーサイト

  • 2008.12.16 Tuesday
  • -
  • 12:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
 
本当の『借金時計』はこちら!
国の借金とともに、 国の金融資産 個人金融資産をリアルタイムで表示!
[借金時計・改良版]


人気ブログランキングへ

selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
 
 
 
無料カウンターTeria
sponsored links
recent comment
  • 成果主義は企業を破滅させる(2)
    コンサル嫌い (06/16)
  • 赤字国債の新規発行解消・投資以外の財政支出の削減
    KEI (04/17)
  • 日本を蝕む「年次改革要望書」
    zaisei (04/03)
  • 日本を蝕む「年次改革要望書」
    n (04/02)
  • 日本を蝕む「年次改革要望書」
    n (04/02)
  • ペイオフ完全実施は金融システム破壊の起爆剤
    zaisei (03/28)
  • ペイオフ完全実施は金融システム破壊の起爆剤
    aaa (03/28)
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM