<< 日本再興投資資金枠で経済は活性化する――税収倍増・赤字国債解消(3) | main | 国債価格は暴落しない(1) >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.16 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


赤字国債の新規発行解消・投資以外の財政支出の削減

『増税が日本を破壊する〜本当は「財政危機ではない」これだけの理由〜』菊池英博 著 2005年12月1日発行 より

赤字国債の新規発行解消(P.213)

日本の財政赤字と粗債務を語るときには、その中身を分析する必要がある。問題は、普通国債に占める赤字国債である。普通国債520兆円には、建設国債263兆円と赤字国債254兆円(いずれも推計値)があり、建設国債には運用資産があるから、問題はない。赤字国債は、政府機能を維持していくにあたり税収不足が生じた場合など、穴埋めのために発行した国債である。これが純債務ベースでの財政の見方である。

1991年度に赤字国債残高が解消し、それ以降の国債については、建設国債だけが発行されていた。ところが1995年度から赤字国債の発行が始まり、2005年6月末現在では、254兆円に達している。とくに、1998年から発行額が増加し、2001年度の小泉デフレ以降は税収が激減し、赤字国債によって拡大する財政赤字を補っている。ここでも日本の財政赤字の根源が、小泉緊縮財政(デフレ政策)にあることがはっきりとわかる(第4章1節参照)。


投資以外の財政支出の削減(P.214)

当然のこととして、経済活性化による税収増加を図る反面、消費項目を中心として財政施術の削減も実施すべきである。とくに、公務員の給与と関連支出については、公務員数の削減ではなく、一律に人件費予算を削減するのが望ましい。

OECD統計によれば、公務員数をGDP比率でみると、日本は主要国のなかで、最小の部類である。つまり、少人数でもっともよく公務をこなしていると言える。しかし、現在の公務員の人件費は、過去15年間を比較すると、民間よりも13%高いという(鈴木準氏「経済教室」日本経済新聞、2005年9月8日)。

そうであれば、予算ベースで一律13%カットし、その範囲内で人員を削減するか、人員数をそのままにして給与カットで対処するかを公務員のほうで決めればよい。現在の人件費総額は中央政府と地方政府を合わせて32兆円であるから、一律に13%削減すると、これだけで約4兆円の予算が節約される。すぐに実行すべきではないか。

また、地方自治体が低所得者向けに提供している住宅や関連施設に関しては、民間に売却することで経費負担を軽減し、その代わり低所得者に対しては、住宅手当的な家賃補助金を支給する制度にすれば、予算支出をかなり効率化できるであろう。こういう手法こそ、「よい民営化」である。

−−−−−

確か、昨年人事院が公務員のベースアップを勧告して、即座に認められていたような記憶が‥。

ということで、実際どうなんだ?とあちこち当たった結果、こんなサイトを見つけました。はっきり言って「民間よりも13%高い」どころじゃないです。ほぼ倍です‥!

年収ラボ http://nensyu-labo.com/
‥の「公務員の給料&年収」より



あきれ果てる‥
これでよくも「痛みを我慢しろ!」と言えたものだと。

「金融再生プログラム」で中小企業を破滅に追い込む一方で、
自分たちは毎年着実にベースアップ? →詳しくは3/18〜28付ブログを!

とりわけ「独立行政法人」‥これって、いわゆる「特別会計」の範疇の方たち、ですよね?税金が注入されて、赤字法人が山ほどあって。なのに、各省の管轄ゆえに、国会の審議はスルーして。それぞれの天下り先として、大事に温存されている、あの特別会計の先にある団体、ですよね?
信じられない‥


おまけでフォローしておきます。
日本の公務員の給与は海外に比べて高いのですが、人数は少ないそうです。
参考:大和総研『公務員人件費の国際比較』(PDF)






ようするに、「優秀な少数の人員が高額な給与をもらって業務に当たっている」‥と。

でもこれって「特別行政法人」の人数カウントしていないだろうし、
どうみても優秀じゃなさそうな人も、中には見受けられるんですけど?!

訳わからん天下りのジジイを増やすより、
福祉の現場で低賃金で身体壊すほどに頑張っている優しい若い人達に報いろっつーの!
‥やっぱりフォローにならないなぁ‥(苦笑)


JUGEMテーマ:政治



スポンサーサイト

  • 2008.12.16 Tuesday
  • -
  • 12:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
総理大臣、都道府県知事、市町村長は、単なる飾り物ですね。

問題は議員なんですが、官僚にとって政権与党が自民党だろうが民主党だろうが、どっちでも同じ。

日本の公務員にとって、それぞれが住んでいる都道府県議会や市町村議会の多数派が自民党でも民主党でも、どっちでもいいんじゃないの。

官僚とか公務員とかって、議員なんかを怖がってませんから。
  • KEI
  • 2008/04/17 11:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
 
本当の『借金時計』はこちら!
国の借金とともに、 国の金融資産 個人金融資産をリアルタイムで表示!
[借金時計・改良版]


人気ブログランキングへ

selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
 
 
 
無料カウンターTeria
sponsored links
recent comment
  • 成果主義は企業を破滅させる(2)
    コンサル嫌い (06/16)
  • 赤字国債の新規発行解消・投資以外の財政支出の削減
    KEI (04/17)
  • 日本を蝕む「年次改革要望書」
    zaisei (04/03)
  • 日本を蝕む「年次改革要望書」
    n (04/02)
  • 日本を蝕む「年次改革要望書」
    n (04/02)
  • ペイオフ完全実施は金融システム破壊の起爆剤
    zaisei (03/28)
  • ペイオフ完全実施は金融システム破壊の起爆剤
    aaa (03/28)
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM